働けない主婦のトライ日記

体が弱く働きたくても働けない主婦が、日々思った事や経験した事を綴っています。

スポンサーリンク

犬を家族に迎え入れる覚悟

今日は、また暑いですね。そろそろ、地域によっては運動会なんてところもあるのでしょうか?

熱中症にはくれぐれもお気を付けくださいね。けっちゃんです。

 

さて、最近はペットブーム。

 

 

f:id:ketukochan:20170910125314j:plain

 

ワンちゃん、猫ちゃんを家族に迎えいれている方多いですよね。

また、うちもペット欲しいな、なんて考えてる方も多いのではないでしょうか?

だって、可愛いですもんね。(もちろん、苦手な方もおられるので、一概には言えませんが・・・)

 

 

我が家も愛犬を飼っておりました。

残念な事に昨年、16歳と9ヶ月でお別れとなってしまいましたが、家族同然ですので、亡くなった時の悲しさは耐えがたいものがありました。

亡くなるまでの闘病生活約1年を振り返って、私が経験して思ったことを書きたいと思います。

 

犬を迎え入れる前に考えること

一生責任を持って飼い続けられますか?

イオンとか行くと、ペットショップに必ずと言っていいほど立ち寄る私です。

本当に可愛い子犬、子猫が遊んでいます。

この間は、あまりの可愛さに可愛い!可愛い!と連発で娘と叫んでいたら、店員さんが、すっとワンコを連れてきて、抱っこさせてくれました。

もう、たまらんです。

でも、愛犬を亡くして、今は飼おうと言う気持ちになれないのでとお断りしました。

 

犬好きな人にとって、まして、小さな子供は可愛い子犬を見たら、飼いたくなるものです。

しかし、ペットを飼うと言う事は、そう簡単な事ではありません。

 

ペットは命あるものです。病気にもなります。食事の世話、排泄の世話も必要です。外出や旅行も今までのようにはいきません。

ペットを飼うと言う事は、この子達を最後まで面倒見続ける事ができるかどうか、もう一度よく考えてみてからにして下さい。

 

私は実際、そこまで考えただろうか。

うちは、旦那さんは動物が苦手です。なので、飼う約束として、俺は面倒はみない!お金も出さないと言う約束での、子犬の購入となりました。

 

子供が欲しいと言いだし、その当時、子供は小学4年生と1年生。

面倒を見るからといっても、見きれるものでもありません。

まして、この子が15歳ぐらいになった時は、息子も娘も社会人。

そんなに面倒を見れる時間もありません。

 

病気になって、毎日の病院通いは、私になります。

その時は、私も働いていたし、なんとか毎日病院にも連れて行けましたが、もし、これができなかったら、この子は治療もできず、また、高額な医療費も必要となりました。

そんな私の大変な姿をみて、子供達は、結婚したら犬を飼いたいなって思ったけど、今はママみたいにできるか不安だから、飼えないかもと言いだしています。

 

生活スタイルに合っていますか?

犬を迎え入れるにあたって、あなたの家の生活スタイルに合っていますか?

迎え入れる家庭環境が良くなければ、犬は幸せになれません。

ハウスを置くスペースはありますか?

家を留守にする事は多くないですか?

散歩や世話、一緒に遊んだりする時間はありますか?

ペットは、こうした事ができないと問題を起こすようになります。

実際に飼いだしたものの、思っていたのと違うといって、手放すような事のないように、今一度よく考えてください。

 

ご近所さんは大丈夫?

犬を飼うときには、ご近所さんの生活にも配慮が必要となります。

犬のにおいや、鳴き声、誰もが犬が好きと言う事ではないので、気になる人には迷惑になる場合があります。日頃から、ご近所さんとはよい関係をつくっておくことが大切ですね。

義父の理解がない事で悩みました

我が家は、二世帯住宅です。1階に旦那さんの両親、2階が私たち世帯です。

うちの子が、高齢となり、目が見えなくなり、耳が聞こえなくなり、心細くなったのか、留守番の時に、吠えるようになってしまいました。

そんな中、あまり犬が好きではない義父は、うるさいな、バカ犬と言われ、本当に心痛みました。

それでも、うちの旦那さん、犬嫌いでしたが、自分の子は、可愛がってくれるようになりました。最後の1年は、病院も付き添ってくれるようになりました。それだけ、犬は人の心を癒す存在になってくれるのです。

 

飼う場所と生活用品の準備をする

良く考えた上で、飼うことが決まったら、どこでどのように飼うのか、事前に決めておきましょう。

室内で飼うにも、犬が安心して休める場所を確保してあげましょう。

室内で飼う場合は、生活用品が必要になります。

トイレやゲージ、食器やブラシなどをそろえ、犬がくるだけの状態を作ってから、迎え入れましょう。

 

 

 

 

 

 

 動物病院を探しておく

いざ飼いだして調子が悪くなってから慌てて病院を探すことのないように、前もって病院を探しておきましょう。

病院によって、治療方法も違ったりします。

知り合いの方など病院の評判をチェックしましょう。

病院によって、治療も違います

うちも子も、ヘルニアになった時、いつも通っている病院がお休みでした。仕方なく、違う病院に行きました。

先生は、この子の場合、先天性のもので、このまま歩けなくなると言われました。

次の日も来てくださいと言われました。先生はとっても感じ良かったのですが、やはり、次の日はいつもの病院に行きました。

いつもの先生は、光光線治療という治療を勧めてきました。歩けるようになるならと、先生を信じて毎日治療に通いました。

大変でしたが、4ヶ月ぐらいで普通に歩けるようになりました。

ただ、家の中では、段差をなくし散歩をやめ、室内だけでの生活になりました。

亡くなるまで、ヘルニアの再発はなく、本当に先生には感謝です。

病院の治療によって、違ってくるんだなと実感しました。

 

ペット保険の加入

動物病院の治療費はかなり高額になります。

今は色々な保険会社からペット保険が出ています。

 

また、こちらのブログがとても参考になりました。

 

 

 ペット保険の一括資料請求ができます。 

       ↓

ペット保険の資料一括請求&お見積もり・お申込み【保険スクエアbang! ペット保険】

16年ぐらい前は、保険会社も少なかった 

私の頃は、そんなに種類もなく、私はアニコムさんでお世話になっていました。

アニコムにしたのは、通っていた動物病院と提携していたからです。その場で支払いは半額となるのが良かったです。(補償によって違う)

提携していない場合だと、一旦窓口で全額の支払いとなり、後日領収書を添付して支払い請求をすると、後日指定口座に支払い分が振り込まれると言う事になります。

 

毎回この手続きをするのは面倒かなと思うので、保険会社を選択する際は、この点も重要視した方がいいかもしれません。また、病院がどのような保険会社と提携しているかの確認が必要ですね。

 

アニコムさんは、保険料が高いと言われますが、対応も早く、手厚い補償が最期まで受けられたので、良かったと思っています。

 

保険に入っていて良かった

うちの子は、亡くなる1年前ぐらいから、ひどい時は毎日、遅くても2日起きには、点滴治療が必要でした。それまでにも、高齢になってくると、心臓病になり、毎日薬の服用が必須となりました。

医療費は、月に5~6万は掛かっていました。

これは、保険に入っていて半額補償を受けての金額です。

もし、保険に入っていなかったら、満足いく治療ができていたかと思うと、ほんとに保険に入っていて良かったと感じました。

私の経験からも、ペット保険の加入をおすすめします。

 

まとめ

犬を飼っていた16年と9ヵ月。子供達は、兄妹のように思っていました。

本当に私にとっては、永遠の赤ちゃんでした。

 

不思議な事がありました。息子が、急にワンコに会いたくなったからと、仕事帰りに我が家に来ました。

息子は結婚して、車で1時間ぐらい離れたところに住んでいます。

確かに、ずっと治療をしていた事は知っていますが、今すぐ亡くなると言った感じではなかったように思えます。約1年の点滴治療、私たちもこのまま点滴治療をしていれば、もっともっと生きられると思っていましたと言うか、そう願いたかった、そう思いたかったと言うのが本心かもしれません。

息子が会いに来た時は、まさか、その二日後に亡くなるなんて事も感じず、写真を撮って帰りました。

次の日も、病院で点滴。でも、その後、体調に変化が。。。

きっと、この子が、息子を呼んだんですね。

もうダメかと思った時、息子が駆けつけました。そしたら、また、落ち着いたのです。

本当に不思議でした。それから、一晩、家族みんなで見守りながら、翌日のお昼に亡くなりました。

最後の1年は本当に大変ではありましたが、それでも、この子と出会えた事は、私たち家族にとってはかけがえのない時間です。

f:id:ketukochan:20170908145132j:plain

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


がんばる主婦ランキング

スポンサーリンク