働けない主婦のトライ日記

体が弱く働きたくても働けない主婦が、日々思った事や経験した事を綴っています。

スポンサーリンク

ブロッコリーとれんこんでサラダ

気持ち良い朝を迎えています。

少し胃のムカムカはありますが、それでも昨日よりは良くなっているかなと感じているけっちゃんです。

さて、今日も1日元気でいきましょう! 

 

今日はレシピのご紹介です。

 

f:id:ketukochan:20170920165752j:plain

 

私がよく利用するレシピサイトのひとつ、クックパッドからの一品です。 

 

クックパッド - No.1料理検索アプリ
クックパッド - No.1料理検索アプリ
開発元:Cookpad Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

ブロッコリーとれんこんのサラダ

  

作り方はこちら。とっても簡単です。

 

 

ブロッコリーって、みなさんどんな料理に使いますか?

どうしても、何かのお料理の脇役的な感じになりませんか?

私だったら、シチュー、グラタン、パエリアにちょこんとのせる。

あとは、ゆでてマヨネーズをかけて食べる。

でも、ブロッコリーってとても栄養満点な食材なんですよね。

 

今日の料理の栄養

ブロッコリー

ブロッコリーは、大変栄養的にすぐれた野菜で、生のブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍も含まれています。
ほかにも、カロチン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2、カリウム、リンなども豊富に含んでいて、栄養満点の野菜です。

ブロッコリーにはカリウムなどのミネラル分も豊富ですが、ビタミンCの含有量は抜群で、キャベツの約3~5倍です。また、ベーターカロチンを含む緑黄色野菜にも分類されています。

このまれて食べられるのは花蕾という、つぼみの集まった部分ですが、茎や葉の部分にも栄養があり美味しく食べられるので捨てずに食べたいものです。

れんこん

 

主成分はデンプンで、食物繊維を多く含有しています。
ビタミンCが100g中55㎎とひじょうに豊富で、レモンと同等に含まれているほかに、ムチン、タンニンといった特殊成分も含まれているのが特徴です。

れんこんを切ると糸を引きますが、あの粘り気のもとがムチンです。
ムチンは、複合タンパク質で、納豆のネバネバ成分と同じです。

また、れんこんは空気にふれると酸化して黒ずんできますが、これはポリフェノール系の色素が含まれているためです。

れんこんは、根茎、葉、果実、花弁、雄ズイ、花托、幼芽と、すべてを薬用に利用できます。
ハスという植物には、これほどすぐれた薬効がある植物です。

れんこんのタンニンには、血管を収縮させる作用があり、これを利用して、生のれんこんをおろして、しぼった汁をさかずきに2~3杯服用するようにすると、鼻血、痔の出血、子宮からの不正出血などの止血に効果があるといわれます。

風邪や鼻炎による鼻づまりや鼻血の場合は汁を直接、鼻腔にさしても良いでしょう。

れんこんのしぼり汁にハチミツとお湯を注いだものをコップ半分ほど飲むと、風の特攻薬になると共に、これは腸炎による下痢にも効果を発揮します。

風邪のせき、たんを止めるには、れんこんの節の部分をさかずき1杯ほどおろして、おろし生姜を少々加え、熱湯を注いでハチミツを加えたものを飲むと良いでしょう。

二日酔いによる、のどの渇きにはれんこん100gと、なし1個をジューサーにかけ、ジュースを作って飲むと、渇きがいやされ、体内の熱をさましてくれます。

れんこんを常食すれば、ビタミンC効果により、メラニン色素の沈着を防ぎ、シミ、ソバカスから肌を守り、美しい肌を作るなど、若返りにも役立ちます。

また、血管を丈夫にし、血行をよくし、皮膚の新陳代謝を活性化してくれます。

健康で免疫力を高める食べ物・栄養食品効果効能ナビ

 

 ベーコン

アラキドン酸はベーコンの脂質に含まれる脂肪酸で、脳の神経細胞を生まれやすくする効果があります。したがって思考の回転速度を上げ、記憶力や集中力もアップさせてくれます。お年寄りにアラキドン酸を摂ってもらうと、頭がハッキリしたという研究報告もあり、注目度の高い成分です。脳を活性化するので、精神状態に良い影響を与え、たとえば憂うつさなども防止するとされます。


ベーコンに含まれるカルノシンは、体内の乳酸(疲労物質)を中和してくれます。ですから疲労を感じにくくさせてくれ、忙しい毎日を送っている方にはおすすめです。また、活性酸素がもたらす細胞死を抑制して、老化を緩やかにしてくれるようですから、運動が好きな方や美容に関心のある方だけではなく、健康的に長生きしたい高齢の方も、ぜひ摂っていただきたい成分です。


ベーコンに含まれるロイシンは、心をリラックスさせ、同時に体の痛みなどの身体的ストレスも感じにくくさせるようです。ロイシンは涙にも含まれますが、泣くと、ロイシンの有効成分が涙腺や鼻の中で効き始めるためであるようで、泣くとスッキリする場合があるのだそうです。またロイシンは筋肉の維持や修復に関わるので、運動機能の低下も防いでくれます。


カルニチンは、スポーツトレーニングをする人が好んで摂取する成分としても有名ですし、スポーツ飲料に添加されていることもある、スタミナを増す成分です。筋肉痛を和らげ、疲労を回復させます。脂肪の燃焼も促進しますから、運動と組み合わせるならダイエット効果もあります。ベーコンは、一見すると脂質が多そうですが、実際には、痩せやすい体にさせる効果があるのです。


ビタミンB1は、炭水化物をエネルギーに変えたり、体の色々な場所で多様な酵素の働きを助けますから、不足すると、体が疲れやすくなります。ビタミンB1はまた、カルニチンの働きを助けますが、ベーコンの場合このビタミンが非常に多いので、全体的にみて、体力向上効果がとても高い食品といえます。

ベーコンは心の元気と肉体の回復をバランスよくサポート - ヘルすぐ!

ごま

脂肪とタンパク質に富み、とくに脂肪分は全体の半分以上を占め、そのほとんどが不飽和脂肪酸です。

中でも多いのがオレイン酸、リノール酸の二つです。
それ以外でもパルミチン酸、ステアリン酸、リノレン酸などを少量含有しています。
これらの植物性油脂が健康や美容にすぐれた効果を発揮します。

ゴマのタンパク質は、必須アミノ酸を含む良質のもので、大豆に匹敵する栄養価を誇っています。

その他、カルシウム、ビタミンB1、B2、リン、鉄、などを豊富に含み、まさに滋養強壮食品の代表選手です。

ゴマの栄養、効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物

 

 私が作ったブロッコリーとれんこんサラダ

 

f:id:ketukochan:20170920164842j:plain

 

簡単にできて、娘から好評だったので、我が家の一品に認定されました。

 

この日の我が家の夕食

★鶏もも肉のサルサソース掛け

★ブロッコリーとれんこんのサラダ

★揚げ出しなす

★野菜スープ

★雑穀ごはん

 

f:id:ketukochan:20170920164952j:plain

 

ぜひぜひ、お試しくださいね。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


がんばる主婦ランキング

スポンサーリンク