働けない主婦のトライ日記

体が弱く働きたくても働けない主婦が、日々思った事や経験した事を綴っています。

スポンサーリンク

鶏肉と大根の中華風うま煮

寒くなりましたね。

冷え性のけっちゃんは、パソコンを使うと、手先が冷たくて冷たくて・・・。

こんな時期は、お風呂で温まる時間が最高ですね。

 

f:id:ketukochan:20171115123643j:plain

 

寝る前の1~2時間前のお風呂がよい睡眠を取るのに効果的だそうですよ。

けっちゃんです。

 

さて、今日はこれからが美味しい大根のレシピです。

 

f:id:ketukochan:20171115124213j:plain

 

このレシピは、料理家の奥薗壽子さんのレシピになります。

奥薗さんのレシピは、簡単でおいしいです。

よく昆布を使うレシピが多いので、我が家は昆布は常に常備しています。

 

奥薗壽子さんとは

 

野菜作りと料理を生きがいとしていた祖母と料理嫌いの母親の影響を強く受け、小学校1年から料理をはじめる。大の料理好き。役者、ホテルウーマン、国際会議場受付嬢、英語家庭教師、イラストレーター、イベントコンパニオン、宝石店従業員、編物代行業、仕出料理屋の下働き、ブテイック店員、農林水産省事務員、ワープロ入力代行業、ガソリンスタンド店員、封筒の宛名書き、精神科医助手、専業主婦などをへて、家庭料理研究家に。

 料理の既成概念を取り払い、必要でない手間をばっさりと切り捨て、必要な手間だけを残した料理が奥薗流。素材の持ち味を最大限に引き出し、余計な調味料や素材を限りなく引き算した料理は、繰り返し作りたくなり、繰り返し食べたくなること必定。

あらかじめ浸けない、引き上げない奥薗流だし取りテクは、簡単なのにかつお節、昆布、煮干、干ししいたけなどを駆使した本格的な味わい。下準備のいらない奥薗流乾物使いにも定評がある。

2人のこどもを育てながら日々家庭料理を作り続けてきたからこそ知っている家庭料理のしんどさやマンネリ感やめんどくささ。けれどそういった家庭料理のマイナス面を差し引いても余りある家庭料理の作る楽しさ、食べる喜び、その結果得られる健康と笑顔といったプラス面。それをひとりでも多くの人に伝えることが最大の目標。

家庭料理研究家 奥薗壽子オフィシャルサイト | なべかまぺえじ

 

材料(2人分)

鶏もも肉       1枚

塩・こしょう     少々

ごま油        大さじ1

大根(乱切り)    1/3本

 

★水         1カップ

★昆布        1×10㎝のもの1枚

★しょうが(千切り) 1片

★オイスターソース  大さじ2

 

長ネギ(小口切り)  1/2本

粗挽きこしょう    適宜

 

作り方

 

①鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、塩・こしょうで下味をつける。

 

②フライパンにごま油を入れて熱し、鶏肉を皮の目から入れ、こんがり焼く。

 

③大根を入れてさらに炒める。

 

f:id:ketukochan:20171115125822j:plain

 

④大根にいい焼き色がついたら★印を入れ(昆布はキッチンばさみで細く切る)ふたをして弱火で煮る。

 

f:id:ketukochan:20171115130059j:plain

 

⑤大根と鶏肉がやわらかくなったら、ふたを取り、強火で煮詰めて、最後にネギを散らし、粗挽きこしょうを振ってできあがりです。

 

f:id:ketukochan:20171115130403j:plain

 

できあがり!

f:id:ketukochan:20171115130415j:plain

 

最後の粗挽きこしょうは、とっても重要な役割をしているなと思いました。

この最後の一振りが、味を締めてくれています。

簡単で美味しいので、お試しくださいね。

 

 

 

ポチッと押して頂けると嬉しいです!

  ↓ 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


がんばる主婦ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク