働けない主婦のトライ日記

体が弱く働きたくても働けない主婦が、日々思った事や経験した事を綴っています。

スポンサーリンク

子宮頸がん検査②

今日は鏡開き。

OLの時は、会社でお汁粉食べてたな~。

みなさんはお汁粉食べましたか?

私はお汁粉作って食べました。けっちゃんです。

 

f:id:ketukochan:20180111194857j:plain

 

鏡開きとは・・・。

年神様にお供えした鏡餅を割って食べるのが昔からの日本の風習です。

日本では、古来から神様にお供えした物を食べるのは、神様との繋がりを強め、神様のパワーを頂けると考えられていました。

または、無病息災を願う意味が込められているとされています。

 

鏡開きのマナー

鏡開きは、年神様にお供えしていたものに刃を向けては失礼とされているので、包丁ななどの刃物で鏡餅を切り分けてはいけません。

そのため、昔から鏡開きの時は、木槌などで叩いて割っていたのです。

こうした事から、鏡開きは鏡割り、とも言われています。

でも、最近は、鏡餅も真空パックになっていて、その中に小さなお餅が入っていて便利になってますね。

 

では、本題に移りたいと思います。

今日は、是非女性の方は受けて欲しい子宮がん検査について書きたいと思います。

子宮がん検査には子宮体癌の検査子宮頸がんの検査があります。

子宮頸がんの検査は、子宮の入り口あたりを綿棒のようなものでこすり取って調べる検査です。

健康診断で行う検査は、この子宮頸がんの検査になります。

 

子宮体癌検査は、子宮の奥の方の細胞を切り取って調べるので、痛みや出血を伴います。

先日、私も出血がなかなか止まらなかったので、子宮体癌の検査をしてきました。

やはり、細胞を切り取るので痛みとその後2日ほど出血がありました。

 

 

子宮頸がんって何?


子宮頸がんとは、子宮入り口の「子宮頸(けい)部」と呼ばれる部分に発生するがんの事です。

子宮頸がんは他のがんと違い、「HPV」というウイルス感染によって引き起こされることがわかっています。すなわち、HPVに感染していなければ子宮頸がんにはなる可能性は極めて低いと考えられています。その為には、定期的な検診で早期に異常を発見することが重要です。

 

f:id:ketukochan:20180111201650p:plain

 

HPVってなに?


「子宮頸がん」の原因とされるウイルスのことです。

 

HPVとはヒトパピローマウイルス(HumanPapillomaVirus)の略で、前述のとおり「子宮頸がん」の原因とされるウイルスのことです。HPVは、主に性交渉によって感染し、性交渉経験がある約80%の女性が50歳までに一度は感染するといわれている、ごくありふれたウイルスです。

 

子宮頸がんの進行

 

HPVの初期感染から、子宮頸がんになるまで
子宮頸がんは、HPVに感染してから、数年かけて、ゆっくりと子宮頸がんへと進んでいきますが、必ずしも子宮頸がんに進展するわけではありません。HPVに感染してもほとんどの場合が、自己免疫力によって消失されます。しかし、消失されず感染が持続してしまえば、本当のがんに進行してしまいます。

 

 

f:id:ketukochan:20180111201919p:plain

 

HPVってなあに? | 感染・予防・検査方法について

 

 

 

娘が昨年受けた内容のブログがこちらになります。

 

 娘の検査結果は

 

f:id:ketukochan:20180111200233j:plain

 

 

ベセスダシステム2001準拠 子宮頸部細胞診報告様式

こちらの表から言うと、軽度病変疑いという訳だから、もしかしたら異状なしかもしれないし、そうでないかもしれない。

なので、詳しい検査をしました。それが、コルポスコープと言う検査です。

 

細胞診の結果で要再検査だと判断されれば、さらに詳しく調べるためにコルポスコープ診(膣拡大鏡診)や組織検査に進みます。コルポスコープ診では、組織を拡大して観察できる器具を膣から挿入し、血管の走行や粘膜の状態などを専門医が肉眼で観察します。コルポスコープ診で細胞の異形成や疑わしい部分が確認されれば、組織検査としてそれらの部位を採取して調べます。組織検査を行えば、細胞の異形成の詳しいレベルやがんがあるかどうかをより明確に知ることができます。

 

コルポスコープ検査も痛みと出血が伴います。

病院によって違うかもしれませんが、午前中のみの検査でした。

痛み、出血を伴うので検査のあと30分は病院で様子をみてから帰るという感じでした。

それから、HPV検査もしました。

また検査結果は次回書きたいと思います。

 

友達が昨年、卵巣が腫れて手術をしたそうですが、若い女性の入院患者が多かったと言っていました。

少しでも早い段階で分かれば、未然に防げる病気です。

健康診断をする際は、子宮頸がんの検査も受診される事をお勧めします。

 

ポチッと押して頂けると嬉しいです!

  ↓ 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


がんばる主婦ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク