働けない主婦のトライ日記

体が弱く働きたくても働けない主婦が、日々思った事や経験した事を綴っています。

スポンサーリンク

妊娠を望む前に知っておくこと

今日は東海地方も夜から雪予報、寒いはずですね。

今日は、朝から整形外科でリハビリ。

最近、何かとバタバタしていて更新ができないでいます。

けっちゃんです。

 

さて、今回は妊娠を望んでいるのなら知っておいた方がいい内容を書いていこうと思います。

 

www.ketukochan.com

 

 

www.ketukochan.com

 

 

www.ketukochan.com

 

子宮頸がん検査の結果で、娘の結婚願望、妊娠願望は強くなり、それに伴って彼氏君へのプレッシャーが強くなりました。

娘の事を真剣に考えてくれてるからこそ、簡単に結論が出せないのもよく理解できます。

 

f:id:ketukochan:20180124120811j:plain

 

 

まずは、結婚してもちゃんと妊娠できるのかと言う事で、結婚前診断(ブライダルチェック)に行ってきました。

 

ブライダルチェックとは

将来的に自分が子供を作れる状態にあるかどうか調べる検査です。

病院や患者さんの受ける項目によっても検査はさまざまです。

この検査では、無症状の人でも1~2割の人がなんらかの疾患が見つかってます。

 

行った検査

・超音波による子宮・卵巣の検査

・AMH検査(抗ミューラー管ホルモン)

・ホルモン検査

 

 

23歳の娘の場合

超音波による子宮・卵巣には問題ないようでしたが、AMH検査の値が卵巣年齢が30歳前半という診断。また卵胞が育ちづらいと先生に言われたそうですが、先生に妊娠できないのですか?と聞くと、そんなことないよと言われ、ほっとしたようです。

 

AMH検査の重要性

AMH検査とは血液からの検査で、その数値で卵巣の予備能がわかる検査です。

女性は卵巣に一生分の卵子を持って産まれます。

卵巣は卵子を作る場所ではなく、卵子を保存している場所です。

その数は、胎内での700万個をピークに生まれる頃には200万個、思春期には約30万個と、どんどん減り続け、30代後半には約3万個、40代では1万個、そして平均50歳で残り1,000個前後になると閉経します。

一般に閉経前10年間に妊娠することは容易ではありません。

男性は精巣で新しく精子がつくられますが、女性は卵子は古くなり減り続けるいっぽうです。

なので、女性は妊娠できる年齢には限界があるのです。

 

卵子の減少スピードや閉経時期には大きな個人差があります。

AMHは、発育途中の卵胞から産生されるホルモンで残された原始卵胞数と相関します。

この検査では卵子の在庫量を知る事ができる検査です。

 

ただ、この検査は卵子の在庫量を知る目安であり、卵子の質とは関係ないため、AMH値が低くても妊娠できないという訳ではないです。

 

卵巣の老化を予防するには

 

体の老化が避けられないように、卵子の減少・老化(質の低下)を避けることはできません。卵巣も体と同様、もって生まれた体質に加え、様々な環境因子によって老化が促進すると考えられますので、以下の要因を作らない生活を心がけましょう。

 

老化を促進する要因

喫煙

体重異常(痩せすぎ、太りすぎ)

全く運動しない

極度のストレス

仕事がハード

過労などの生活習慣

 

この検査結果を見て、娘は妊活する!と決めたようです。

この時は、すぐ妊娠できるとは思っていなかったので、彼氏くんと話し合って、本来なら結婚⇒妊娠だけれども、まだ彼氏くんも今年就職したばかりだし、将来に向けてお互いにお金を貯めようと言う事になり、もし2年ぐらいしても妊娠できなければ結婚して、そのまま妊活を続けようと二人で決めたようです。

 

f:id:ketukochan:20180124121920j:plain

 

今日はこれぐらいで、また続きを書いていきたいと思いますが、今回、ブライダルチェックを受けて、確かに生理痛はあったので、20歳のころ、婦人科で子宮内膜症ではないか調べてもらって異常なしだったので、子宮内膜症だと不妊の原因につながることは知っていたので、安心したのですが、AMH検査というものがあること、また、卵子の数には限りがあって、生活習慣などから実際の年齢より卵巣年齢が下がること、それによって若くても閉経につながることなどを知りました。

子供を2人産んだ私ですら知らない事を、今の女性たちは知っているのだろうか?

生理があれば妊娠できると思っているのなら、これは大きな間違いで、知っておくことは重要なのかなと思いました。

 

 

ポチッと押して頂けると嬉しいです!

  ↓ 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


がんばる主婦ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク