働けない主婦のトライ日記

体が弱く働きたくても働けない主婦が、日々思った事や経験した事を綴っています。

スポンサーリンク

ベビー用品そろえ始めました(ベビー布団編)

娘が妊娠9ヶ月。

そろそろベビー用品を揃え始めているけっちゃんです。

 

 

f:id:ketukochan:20180622120915j:plain

 

少しずつ揃えて現在は、ベビーカー、ベビーバス、ベビー布団を購入しました。

 

www.ketukochan.com

 

www.ketukochan.com

 

今日は、ベビー布団について書いてみたいと思います。

 

ベビー布団ってどんなものがいいの?

産まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど眠って過ごしています。

だからこそ、布団選びは慎重になりますよね。

基本赤ちゃんの敷布団は固めになっています。これは寝返りが打てない赤ちゃんが窒息しないように配慮されているためです。

 

また、掛布団は軽めになっています。

これは赤ちゃんが圧迫しないためです。体温調整が苦手な赤ちゃんは、通気性が良いものを選ぶと良いでしょう。

 

掛布団選び

赤ちゃんの掛布団は、おもにポリエステルと羽毛布団の2種類があります。

その2点についてのメリットとデメリットを調べてみました。

  

羽毛布団

メリット

羽毛布団の1番の魅力は暖かさと軽さです。

ふんわりと赤ちゃんを包むので保温性も高く、冬でも暖かさを維持しやすいです。

また、通気性にも優れています。

 

デメリット

赤ちゃんはミルクの吐き戻しなど汚しやすいので、お洗濯できるものが望ましいです。

その点、羽毛布団はお洗濯できないものもあるので、お洗濯できるものを選ぶようにしましょう。羽毛布団は、お手入れが大変というデメリットがあります。

 

ポリエステルの掛布団

 

メリット

羽毛に比べて価格が安く、洗濯できるものが多いのが特徴です。

汚れたら洗えますから、いつでも清潔に保ちやすいです。

 

デメリット

羽毛布団に比べて通気性が悪いので、蒸れやすいのがデメリットです。

肌着やタオルケットなどでこまめに調整してあげる必要があります。

また洗濯後にしっかり乾かさないと、カビを発生させる恐れもあるので注意が必要です。

 

敷布団選び

敷布団選びで1番重要なのは、やはり固さです。

赤ちゃんの骨はまだ未熟ですので、しっかりと赤ちゃんを支えられるものを選びましょう。

ネットで購入する場合は、購入した方のレビューなどを参考にするといいですね。

敷布団は床やベビーベッドなどの面に触れるので、湿気がこもりカビが生えやすくなります。こまめに布団を天日干しするなど、清潔を保つようにしましょう。

気軽にお洗濯できるものがいいですね。

 

実際に検討してみる

 

ベビー布団には、単品で売られているものと、何点セットと言うように、セットで売られているものがあります。

とことんこだわりたい方や、おさがりのある方は、必要なものを吟味して選ぶのがいいですね。

我が家はなんせ初めての孫になるので、何もかもが必要です。

セットなら、枕やカバーなどがお揃いの柄で一式揃っていて、お値段も断然お得になるのでセットで購入しました。

お店によっては、7点セット、8点セット、10点セットなどとセット内容も色々と選べたりするので、足りないものは単品で購入するといった形がいいと思います。

 

実際にどんなものがあるのでしょう。

 

洗えるベビー布団

 

f:id:ketukochan:20180622131520j:plain

日本製の技術と無添加ガーゼで作るこだわりの安心品質。

肌触りがよくリスクの少ない無添加二重ガーゼを使用。

デリケートな赤ちゃんのお肌にふんわり優しく寄り添います。 

 

オーガニックコットンのベビー布団

 

 

オーガニックコットンとは、3年間以上農薬や枯葉剤などの化学肥料を使用しないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使用せずに生産された綿花を使用し、さらに製品化されるまでの製造工程においても化学薬品を使用していません。

 

洗える羽毛布団タイプ 

 

 

洗える羽毛布団タイプです。

掛布団と薄手の肌掛け布団の2枚を季節を応じて使えるから、赤ちゃんにぴったりな寝心地環境が作れます。

掛布団は2枚ともご家庭で丸洗いできて清潔だが保てます。

中に詰められている羽毛は上質のホワイトグースダウン90%を使用しています。

高品質で自然な羽毛は保温、調質力に優れているので汗っかきの赤ちゃんにぴったりです。 

 

安心の日本製

 

 

キャラクターで選ぶなら

 

 安全性はもちろんですが、やはり可愛さも追求したいもの。

キャラクターで選ぶのも楽しみの1つですよね。

 

西松屋チェーン 

 

 

西松屋の店舗で実際の商品を確認して、ネットで購入するのもありですよね。

ベビー布団は大きくてかさばるので、通販で購入して家まで配達してもらえるのはラッキーです。

また、送料無料なのでお店で買う値段と同じです。

 

さて、参考になりましたでしょうか?

悩みどころではありますが、また悩んでいるのも楽しいのかもしれません。

だって待ちに待った赤ちゃんに会えるのですからね。

 

 

 

ポチッと押して頂けると嬉しいです!

  ↓ 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


がんばる主婦ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク